scrap-it-to


キローンのあるハウスが表す傷と癒し

2016.07.12 07:40

  心優しい「キローン」は、あなたの魂の隠された傷、言い換えるなら

  「深いコンプレックス」と、その癒しの方法を語っています 

第1ハウス
Chiron 

 意識する、しないにかかわらず、ごく幼いうちに心にトラウマを受けた

 経験があり、それが大きな影響を与えているでしょう。

 人の痛みを引き受ける癒しの星。人の相談を受けることが多いかも。 

2ハウスのChiron

 発達段階で心に傷を受けている可能性がある。その結果、所有欲や

 嫉妬心が強くなる。物質のコントロールがうまくいきにくい。

 傷を克服すれば、余裕をもって自分のために使えるようになる。 


第3ハウスのChiron 

 自分の知性や言葉に不信感、不安感を持ってしまうことが多い。

 あるいは逆になんでも論理化、分析しないと不安で仕方ないかも。

 良い配置だと人の心を和らげる話し方、表現ツールを活かせそうです。

第4ハウスのChiron

 幼い頃に居場所が心理的に落ち着かない状態だったのでしょう。

 過剰になったり警戒しすぎたり、人間関係のうまい距離が取れなくなりやすい。

 克服できれば他人の寂しさに敏感な優しい人になれるはずです。


第5ハウスのChiron  

 発達段階で受けたトラウマにより、躍起になって人の注目を集めようとします。

 称賛を得たいがために取り組むので結局自分が擦り切れてしまいます。 

 克服出来たら、子どもたちの心と体を癒すことに力を発揮できるように。

第6ハウスのChiron 

 肉体的、健康上のことにコンプレックスを持っているかもしれません。 

 ストイックに自己批判をするところがあるかもしれません。

 いいように作用し始めると、自分の力を他者のために活かせるでしょう。

第7ハウスのChiron 

 幼い頃に人間関係で傷を受けた可能性があります。

 相手に過大な理想を押し付けたり、自分を卑下してしまったりしやすいかも。

 人間関係の大切さに気付いたら、人を癒すことができる優しい人になれます。


第8ハウスのChiron 

 本能的な欲求が満たされなかったことが魂の傷になっていそうです。

 暗い気分や悲観的な考え方、密かな自己嫌悪につながりやすいかも。

 それを受け入れると人の魂を癒せる強くて優しい人になれるでしょう。


第9ハウスのChiron 

 幼い頃のトラウマから、頭でっかちの理論家になって、場違いな議論を

 振り回しがちかも。しかし、うまくいけば優れた思想家になる素質もありです。

 生き方や考え方でほかの人を救い、自分の世界も大きく広がります。


第10ハウスのChiron 

 幼い頃に親や理想とする人の弱さを知って深く傷ついたという経験があります。

 仕事や義務に執着してしまうか、逆に無責任になるかもしれません。

 克服すれば傷ついた人に対して優しさを発揮でき、社会で生かせそうです。

 セラピストやヒーラーの多くが、この星の配置に生まれているそうです。


第11ハウスのChiron

 幼い頃に自分と社会の間に大きな溝を感じた経験をもっていそうです。

 目新しいものに飛びついては幻滅を繰り返すという行動をしがち。

 昇華できれば、様々な考え方のよき調停者になれます。


第12ハウスのChiron

 生まれる前にさかのぼるような時期にトラウマを持っているようです。

 シビアな現実に直面するのを恐れたり、現実逃避しやすいところが。

 傷ついた人を引き寄せ、癒すための直観力を与えられています。

 
セラピストやヒーラーの多くが、この星の配置に生まれているそうです。



癒しの星~キローン


 
ホロスコープ作成はこちらからどうぞ
http://www.m-ac.com/pages/setting_j.php 

f0190387_0361741


  

人気ブログランキングへ クリックして頂けると嬉しいです  

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
    にほんブログ村


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する