scrap-it-to


9月9日[金星]蠍座入り 〜 ようこそ、深遠なる【金星蠍座の世界】へ 〜

2018.09.13 13:06



20180912-01.jpg


(1)2018年の[金星]は、蠍座に長期滞在
(2)ようこそ、深遠なる【金星蠍座の世界】へ



星読みカウンセラー・miraimikuです。



9月6日、[水星]がホームタウン(本来の居場所)である 乙女座へ。

同日6日、4月中旬から逆行していた[土星]も順行へ

8月末に 順行 に転じた[火星も、勢いを増していくのみ。



宇宙が【GOサイン】を出してくれているような中

満を持して迎えた 9月10日の乙女座新月

宇宙的に、世の中的に、ひとつひとつ【具現化】しいていく流れ になりました。

この流れの中で、実は、大きなポイントがあります。


9月9日、[金星]の蠍座入りです。


[実は]大きなポイント・・・というのが、いかにも金星蠍座っぽいですが(笑)




(1)2018年の[金星]は、蠍座に長期滞在



◆8月19日:[水星]逆行終了
◆8月23日:[太陽]が獅子座から乙女座へ
◆8月26日:【魚座満月】
◆8月27日:[火星]逆行終了(山羊座)
◆9月6日: [水星]が乙女座へ
◆9月6日: [土星]逆行終了(山羊座)
◆9月9日: [金星]が蠍座へ
◆9月10日:【乙女座新月】

※8月25〜30日:地の[グランドトライン]ピーク①
※9月6〜10日 :地の[グランドトライン]ピーク②





9月9日、[金星]の蠍座入り

なぜ、[実は]大きなポイント なのか ───




通常は、[金星]がひとつの星座に滞在するのは、3週間前後 です。

ただし、およそ1年半ごとに40日前後、逆行をする ために

毎年、2〜3ヶ月ほど、イレギュラーに長期滞在する星座があります。

2017年の[金星]は、牡羊座に長期滞在しました。

そして 2018年の[金星]は、蠍座に長期滞在 するのです。

具体的には、9月9日〜年明け1月7日まで。

(天秤座リターン期間をのぞいて)3ヶ月ほど、蠍座に滞在します。



2018年の[金星]は、蠍座に長期滞在

2018年9月9日 :蠍座入り
  ↓
2018年10月6日 :逆行開始(蠍座11度)
  ↓
2018年11月1日 :天秤座にリターン
  ↓
2018年11月16日:順行へ(天秤座26度)
  ↓
2018年12月3日 :再び、蠍座入り
  ↓
2019年1月7日 :射手座入り

※10月6日~11月16日逆行(蠍座〜天秤座エリアで逆行)





【日食】【月食】【逆行】が立て続けに起こり、激動(山場)だった2018年6月〜8月。

ここ1〜2年ほどの 振り返り・見直し・後始末・・・【軌道修正】 に注力していたと思います。

そして、具現化エネルギーに満ちていた9月10日 乙女座新月

具体的な第一歩(スタートライン)に立てた、というかんじでしょうか。




その前日、 “実は” 蠍座入りしていた[金星]。

現在はまだその【効力】を実感しないかもしれませんが、

ぐっと存在感を強めてくるのは、10月6日の逆行開始から になりそうです。

目的や方向性の見直し──[水星][火星][土星][冥王星]の逆行が終わったあとで

【最後のお仕事】をこなすかのように[金星]が逆行する。しかも、蠍座で。



つまり、最後の最後で【愛の見直し】がかかる。

いま私が目指している光は

愛する人と一緒にいるために。
愛する人を守るために。
愛する人を喜ばせるために。
愛する人に振り向いてもらうために。
愛する人と巡り会うために。

自分自身を愛せるようになるために
目指している光──。

そこに【愛】はありますか?
原点(本質)を見失っていませんか?

最後の最後で、宇宙から問いかけられる、ということ。




── そこに愛はあるのか?(ひとつ屋根の下)

目的(方向性)の見直しが落ち着いたところで、年末にかけて、愛の見直し。

宇宙というのは、なんて【 粋な計らい 】をするのだろうと、

またしても溜息が出てしまいます。

10月頃から年末にかけて、【愛】【愛するということ】について、とことん考えさせられる。

これは、2017年10月〜2018年11月、木星@蠍座の時間の総決算 とも言えます。



20180912-03.jpg




金星@蠍座のエネルギーが強くなると、しんどくなる人もいると思います。

◆蓋をしてきた(隠そうとしてきた)ドロドロした感情
◆嫉妬心・執着心・不信感・トラウマ


地下に押し込めていた【感情の渦】が、胸の底から湧き上がってくるからです。

ヘビーかもしれないですが、【愛とは何か】とことん向き合ったうえで、

2019年を迎えましょう、ということなのだと思います。




(2)ようこそ、深遠なる【金星蠍座の世界】へ

20180912-02.jpg


こちらの記事(金星蠍座の幸せ をリライトしたものです




蠍座にある[金星]は、占星術用語では デトリメント(障害)と呼ばれ、

【金星が傷ついている】などど言われたりします。

デトリメント(障害)は、その天体の力をうまく発揮できない配置。

愛の星【ワクワクキラキラ担当の金星さん】 は、蠍座にいると、非常に居心地が悪いようです。




出生ホロスコープにおいて、蠍座の[金星]をお持ちの方は

多くの苦悩や葛藤・激しい感情体験をお持ちでなのではないかと思います。

( 金星が蠍座の人は、太陽星座が乙女座 or 天秤座 or 蠍座 or 射手座 o r山羊座の人です )




私自身、太陽は射手座ですが、『蠍座29度の金星』を持っています。

実際、特に若い頃(金星期の20代)は、非常に暗かった(超根暗)といいますか

多くの感情的葛藤がありました。

海の奥底で、妖艶に光る万華鏡のような世界 ───

完全に[文章型の人間]である私でも、金星蠍座の世界は、

深すぎて、重すぎて、簡単には言語化することができません。

けれども、自分の中にこの『蠍座29度の金星』があるからこそ

西洋占星術にシンパシーを感じ、助けられ、極限的にのめり込んだはずですし、

【知識】だけではなく、深い深い【こころ=感情】に寄り添うカウンセリング ができているのだろう・・・

『蠍座29度の金星』は、私の中で、絶対にはずせない重要な特質 だと思っています。





金星が蠍座にある人は「場にそぐわないヘビーな話をしてギョッとされてしまった経験」が一度はあるはずです。

あるいは「自分では10レベルで捉えていたことを、相手は3レベルくらいにしか捉えていなかった」みたいな経験。

良くも悪くも、深く捉えすぎたり深読みしすぎたりして、「取り越し苦悩」が多い のです。

そういった過去の<手痛い経験>を何度か繰り返し、やがて、

自分の中にある「強すぎるエネルギー」や「ヘビーな部分」=【濃く深く重く強い感情】を自覚します。

そして、それらを 抑えること=「隠す術」を覚えるのです。

「隠す術」を覚えた金星蠍座は、品位を失うことなく、基本的にポーカーフェイス です。

深入りすると際限のない自分を自覚しているので、逆に見ないようにしたり、距離を取ろうとしたり。

ポーカーフェイスを保ちながら他者と対峙し、相手との距離感=レベル感を見極めています。

自分の中にある「強すぎるエネルギー」をどのレベルまで出していいのか、どのラインまで踏み込んでいいのか。

さりげなく注意深く。無意識の防衛本能による「駆け引き」「心理戦」です。

(これが蠍座の「観察力」「洞察力」の所以でしょう)




わかりやすくトランプゲームの大貧民(大富豪)で喩えましょう。

金星蠍座の手持ちカードは、3<4<5・・・・<K<A<2<ジョーカーまで、すべてのカードが揃っています。

相手に先にカードを出させて、それに合わせたレベルのカードを出すのです。

相手が3を出せば4。相手が6を出せば5か7。

相手のレベル感に合わせて、自分が出す「エネルギー=カード」を調節する のです。

そうして「まだ行けるか?まだ行けるか・・・?」と、試すように、少しずつレベルを上げていき

相手がK(キング)くらいまで出すのであれば、「おっ」と喜び、一気にジョーカーまで持っていく。

けれど本当の本当は、出せるものなら最初からジョーカーを出したい のです。

自分のジョーカーがいかに強烈かを自覚しているがゆえ、

ギョッとされないように、最初は注意深く「様子見」しているだけ。

距離感の「様子見」に疲れて、いきなり相手をバッサリ切る。相手と距離を置く ようなこともあるでしょう。

(ゼロか100か。「中途半端」はいらない、ないほうがマシ。極端で不器用なのです)

金星蠍座にとって、相手が同じレベルであることを確認できた時点、そこからようやく「本番」がスタートします。

踏み込み、踏み込まれるような関係だけが「人間関係」であって、表面的な関係は気持ちが悪くて維持できません

金星蠍座と同じレベル感の人はなかなかいませんので、結果的に【狭く深く】の人間関係 になります。

いえ、【狭く深く】ではなく、

【狭く深く、奥の奥まで、裏の裏まで、とことん徹底的に、余すことなく、海の底・宇宙の果てまで】です(笑)

人間関係に限らず、それが仕事や趣味であっても同じです。ゼロか100か。

この人だ(これだ)と思った対象に、深く深く、盲目的に極限的に没頭しているとき。

そしてその 対象と一体化(同化)していると感じたときに、何よりの幸せを感じるのです。


◆【濃く深く重く強い感情】を出せたとき、それを受け止めてくれたとき
◆愛憎や清濁を併せ呑み、魂レベルの絆でつながることができたとき
◆盲目的に極限的に没頭できる対象があるとき



これが、金星蠍座が求める幸せ ── [幸せを感じる瞬間]なのです。



 20171118-0.jpg




star.gif金星蠍座【愛され方・扱われ方の好み】

深く濃くしつこく、病的なくらいに、
言葉や形式ではなくキモチで、「運命共同体」のように
愛して欲しい。愛されたい。



まさに【愛と憎しみは紙一重】

「恋愛は愛憎が渦巻く重いもの」であって、軽いタッチの恋愛には興味がありません。

12サインの中でもっとも濃厚な恋愛感情を持つのが金星蠍座です。

そしてそれを出していいものなのか、自分でも怖いし、戸惑うのです。

前述のとおり、自分と相手が同じレベル感であることを確認できた時点、

そこからようやく「本番」がスタートします。

つまり、相手から【濃く深く重く強い感情】でぶつかってきてほしい、踏み込んできてほしいのです。

そうでなけりゃ、いっこうに「本番」はスタートしません。

一度踏み込まれたくらいでは確信が持てないので、何度も踏み込んできてほしい

その愛が本物かどうか、相手を突き放して試すようなこともします。

それでも諦めずに、しつこく追いかけてきてほしい。

嫉妬されたり束縛されたりストーカーされたり、ちょっと病的で狂気的なかんじも、金星蠍座の人は喜んだりします。

(もちろん、好きな相手に限りますが)



相手にとっての唯一無二感、特別感、ドラマ性を求めるのは金星獅子座と同じですが、

ヒロイン・ヒーロー願望のある金星獅子座が「お前しかいない」「あなたじゃなきゃダメ」に憧れるのだとすれば、

金星蠍座が憧れるのは「お前を失うくらいなら死ぬ」「あなたじゃなきゃ生きていけない」です。

ヒロイン・ヒーローのように輝かしい世界ではなく、重くて深刻で排他的な世界

まさに、生死が関わるくらいのレベルで、キモチで愛してほしいのです。

(金星蠍座の相手がアッサリ淡々としているようでしたら、それはあなたとの関係性が「スタート」していません)

水のエレメントは目に見えないもの=“心の絆”や“気持ち”を重視しますが、

端的に言うとすれば、金星蟹座「家族愛」金星蠍座「偏愛」金星魚座は「博愛」です。




star.gif金星蠍座【デートの好み】

二人だけの世界に浸れるデート。

誰にも見られない密室。密閉空間を好みます。

たくさんの人で賑わうところより、二人だけの世界に浸れるような空間。

オフィシャルな場所より、プライベートな場所。

好きな相手とのデートであれば断然、野外より室内、昼より夜、青空より星空でしょう。




star.gif金星蠍座の女性の【女性としての魅力】

金星が蠍座にある女性には、謎めいた色気があります。

品位を失うことなく、常にポーカーフェイスなので、何を考えているのかいまいち掴めません。

何も考えていないだけにも見えるし、奥深くに【何か】が隠されているようにも見える。

(実際問題、「そのこと」については何も考えていないかもしれませんが、そもそもとして【濃く深く重く強い感情】が隠されているので)

その隠された【何か】が相手に見え隠れしてしまうために、

謎めいた色気を醸し出すのでしょう。

生活感がなく、普段どう過ごしているか想像がつかないというのも、神秘性に拍車をかけます。

天然なのか計算なのか、天使なのか悪魔なのか、淑女なのか娼婦なのか、いかようにも見えてしまう。

正体のわからない怖さが「魔性の女」的で、深入りしたいような深入りしたくないような──。

そういうところが金星蠍座の女性の魅力です。




star.gif金星蠍座の男性の【惹かれる女性のタイプ】

男性のホロスコープにおいては、金星星座は【惹かれる女性のタイプ】をあらわします。

つまり、金星が蠍座にある男性は、蠍座っぽい資質を持った女性に惹かれるということになりますので、

上記に書いてあるような女性に惹かれます。

もっと詳しく知りたい方は、金星が蠍座の彼の『好みの女性像』をご覧ください。

ちなみに、女性の場合は火星星座が【惹かれる男性のタイプ】をあらわしますが、

【実際につきあってみてフィーリングが合う男性】は金星星座を観たほうがいいでしょう。

【惹かれる男性のタイプ】と【実際につきあってみてフィーリングが合う男性】は違う、ということです。




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします😊
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











西洋占星術の入口│miraimiku 〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜

star.gif 【miraimikuの自己紹介】は こちら
star.gif 【お客さまのご感想・61名様分】は こちら
star.gif 【全記事一覧】は こちら

star.gif 限りある命を、どう使っていくか。
star.gif この世に生を受けたこと。
  それ自体が、最大のチャンスではないか(アイルトン・セナ)

star.gif 12星座の「成長ストーリー」




コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する